薄毛対策が影響して性欲減退に鍛えるよりもプリリジー

男性の悩みは色々あって、一つ解決すると別なところに影響が出て、また新たな対策を行わなければならない必要性が出て来たりします。最近は20代など若い年齢の内からでも薄毛に悩む人たちが増え、帽子に頼らなければならない人も多くなっています。私生活でなら着用も良いですが、仕事の場では隠せない職業の人もいるため、根本的な解決をしなければなりません。

脱毛を抑え増毛を促す薬がたくさん販売されています。頭皮に塗布するだけでなく、服用することで3か月程度もすると毛の量が増えてきたと実感できるほど生えそろってくれるものもあります。

毛が生えそろって来れば帽子で隠す必要もなくなり、色んなおしゃれが楽しめるようになりますが、副作用ともいえる症状に性欲の減退があります。髪の毛を増やすために飲む薬がホルモンのバランスに影響してしまうためで、中折れや早漏にまで至ってしまうこともあります。

性欲を増やしたり、中折れや早漏を防ぐために鍛える対策を行っても、薬の影響が出ていると中々上手くいかないため、今度はプリリジーなどに頼る必要性が出てきます。

世界で初めて開発された内服用の早漏治療薬であるプリリジーは、現在でも多くの利用者がいて、選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。セロトニンが脳内に少なくなってしまうことが早漏の原因で、射精のコントロールに欠かせない物質であるため、プリリジーでセロトニンが再吸収される量を低下させれば、勃起を維持できる時間もある程度長くなってきます。

プリリジーには併用することができない成分もあるので、薄毛対策の方で内服薬やサプリメント、ドリンクなどを飲んでいる場合には、成分を良く確かめ安全に飲めるものを選ぶようにすると良いです。

ページの先頭へ戻る