プリリジーやDIO早漏防止剤と前立腺炎とセックス

プリリジーはSSRIの薬で脳内のセロトニン量を一定に保つ効果がありますが、早漏予防の薬として服用する場合には射精障害を利用するので、本来のセロトニンの再取り込みという作用はあまり関係ありません。しかしセックス中の緊張感や不安を軽減することができるので、リラックスをしてセックスができることで早漏を予防するためには良い影響があります。プリリジーは早漏予防のために開発されたSSRIの薬なので、服用することで3分程度射精が遅くなります。副作用としては性欲の低下がありますが、この症状は服用を継続した場合なので一時的に服用する場合にはほとんど起きません。前立腺炎は細菌が原因のものと物理的な刺激が原因のものがありますが、性病などに感染していない場合は長時間のデスクワークなどが原因のもので、症状が軽いので治療の必要はありません。しかし頻尿や排尿困難などの症状が出ている場合にはアルコールの摂取を控えて、椅子などに座っている時間を短くすることで症状が改善します。効果のある薬としては細菌が原因のものは抗生剤がありますが、それ以外の場合は漢方薬などが処方されます。DIO早漏防止剤は亀頭に塗布するだけで早漏を予防することができる薬で、ミストタイプもあるので使いやすいものを購入してセックスの直前にペニスにスプレーするだけで早漏を予防することができます。基本的には局所麻酔薬の成分による亀頭の表面の感覚の麻痺による早漏防止なので、刺激が強すぎる場合には射精してしまう可能性もあります。また使用するタイミングが難しいので、内服薬のプリリジーのほうが効果的に早漏を予防することができます。プリリジーは1錠あたりの価格が高いので、DIO早漏防止剤と使い分けることもできます。

ページの先頭へ戻る